■劣等感を克服した男の物語

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

世界で最も億万長者を育てたと、言われている人をご存知ですか・・?

その彼の名は、ダン・ケネディ

今でこそ、セールスやマーケティング、
特にダイレクトレスポンスマーケティング界の伝説的な存在となっていますが、
彼が10代の初めの頃は、ひどい“どもり”があり、
しゃべるのにも苦労したということです。

当然のことながら、その欠点は
劣等感やフラストレーションを生み出し、
常におどおどした状態で少年時代を過ごすことになったのです。


ダンは、“どもり”を治すために、あらゆることにチャレンジしました。

口に小石を入れることまでしたのです。

そんなダンが試した方法で最も効果があったものは、
何だったのでしょう?


彼は、「それ」を実践することによって、劇的に人生を変化させたのです。


ダンは、“どもり”を治しただけでなく、
セールス・マーケティング業界の生きる伝説として、
今もなお、多くの人物を成功に導いているのです。

また、信じられないかもしれませんが、
現在、ダンはアメリカでトップのプロ講演者として、
全米を飛び回っているのです。



ある時の話です。

ダン・ケネディは、多くの成功者達が集まる講演会で、
最後の演説を担当することになりました。


ダンの前には、湾岸戦争時に多国籍軍の総指揮を取った
ノーマン・シュワルツコフ将軍コリン・パウエルや、
全米ナンバーワンの講演家と言われるジグ・ジグラーなど
そうそうたるメンバーがいました。


ダンの出番は最後。


多くの聴衆はシュワルツコフ将軍やコリン・パウエルが
講演を終えると、講演はこれで終わりと考え、席を立ちました。

出席者が20,000人だとすると、
ダンが演壇に立ったときには1000人か2000人しか残っていない状態です。

想像してみてください。
このような状態に自分が置かれたときどう感じるか?

ほとんどの聴衆が自分の演説を聞かずして、
席を立ってしまっているのです。

普通なら、自分が否定されているかのように感じて、
自信を失うことになります。


しかし、ダンは、、、

残った1000人か2000人の前で堂々と講演し、聴衆を魅了しました。

しかも、ダンの話はほかのどのスピーカーよりも
説得力がありました。


ときには、講演会の時間帯としては最高の時間帯に20,000人という
満員の聴衆の前で話をしたジグ・ジグラーよりも説得力がありました。

そして結果、ダンケネディは全てのスピーカーを出し抜いて
最高の売上をあげていたのです!


事実、彼の代表作「マグネティック・マーケティングシステム」は、
毎年、何億円もの売上げを達成しています。


ダン・ケネディの成功の原点

それは、一体なんだったのか?


日本では、あまり知られてませんが、
その方法は、口コミだけで、全世界3500万人に広まったのです。

そして、その人たちの人生に影響を与えました。

心理学史上、

「今世紀最大の発見」

と言われている、“成功の心理学”の秘密を
このページから知ることができます。
http://123direct.info/tracking/af/127285/EzIqGxCT-o9vRP2Ll/


なぜ、これまで日本には知られなかったのでしょうか?

それは、ベースとなる知識が科学から来ているので、
訳すととても難しい言葉になってしまうからなのです。

今回は、わかりやすく日本語で現代的にアレンジしたメルマガを
一人でも多くの方に読んでもらうために、
無料登録ページを紹介しています。


興味のある方は、ぜひ登録してみてください。
http://123direct.info/tracking/af/127285/EzIqGxCT-o9vRP2Ll/



無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

posted by KCO at 13:08 | CD

アクセス数増加ツール 最終確認☆SEO 20080120(by オークション便利ツール 204607)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。